大久保家の日常と“えらそうな”同居猫の観察日記。 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | Top

夢。

私の旦那は夢見る男、たろ吉である。
彼は私と出会ってからの6年間、色々な夢を語ってくれた。

大阪府知事への立候補から、果てはストリートミュージシャンまで
幅は広いが考えは浅い、夢なんて呼んだらバチでも当たりそうな
シロモノばかりではあったが、たろ吉は常に夢を持っている男だ。

先日、仕事から帰宅するとひと足早く帰っていたたろ吉が
キッチンでばかデカい鼻歌をうたいながら、料理をしていた。
ただいま~えらいご機嫌やねぇ、と私が言い終わらないうちに

おかえり!まーちゃん!オレ小説かくわ!
でたでた。
半年に一度のこれやりたい病。
きっとまた、『小説家○○の半生』的なもんを見たんや。
そんでまた執筆用の新しいパソコン買ってとか言うんや。
なんて嫁の考えを嘲笑うかのようにたろ吉の夢語りはつづく。

とりあえず原稿用紙と万年筆買って!
手書きかよっ!
今どき手書きで小説書くなんてサザエん家のお隣りさんぐらいだろ。
パソコンで書けば?夢見る夫に的確なアドバイス。そしてたろ吉は

くしゃくしゃポン!ってできひんやん!
そこかっ!それがしたいんやな!!?
テレビ等で執筆中の作家がよくやる、原稿用紙をくしゃくしゃポン。
奴はそれに憧れているらしい。てかいきなりスランプ入ってるやん。
そして極めつけ・・・

映画化なったら一生遊んで暮らせるな!
こいつ・・・世の中なめてるな。
とりあえず伊佐坂先生に謝ってほしい。

夢見る男たろ吉、次に見る夢はナンデスカ。

スポンサーサイト
  23:21 | Trackback:2 | Comment:5 | Top

爆音一家。

始めてたろ吉の実家に遊びに行ったとき。
何にビックリしたって、テレビの音量だった。
普通のテレビの音量を1~60とすると
たろ吉の実家は常に40でテレビを観覧している。
(ちなみに私の家及び実家では20~25が普通である。)
そしてそんな家で暮らす姑は人一倍声がデカい。

先日、たろ吉の母方の先祖の墓参りに行った。
それがあるのは、大阪から車で約3時間の場所。
舅・姑とたろ吉、そして私の4人は1台の車に乗り込み
一路墓へと向かった。長い長い時間の幕開けである。

運転は舅、助手席には姑、その後ろは私で運転席の後ろは
たろ吉という席順のなか、おしゃべり大好きな姑は出発から、いや
出発前から、てゆうか起きた瞬間からマシンガントークが炸裂していた。

テレビが大音量の大久保家はもちろん車内のラジオも爆音量。
私の後頭部ら辺にはそれが流れるスピーカー、そして前からは
これまた大音量の姑の会話。車が走り出した瞬間から拷問は始まった。

姑は、見たものを即刻口に出さなくては気が済まない性格らしく
車窓から見えるものすべてを口に出して実況(妄想込み)してくれる。

あら、この人達はどこ行くのかしらぁ??
あぁぁ~お父さん!○○さんよ!あの人も大変よねぇ。
まっ!隣の車は群馬ナンバーよ!遠距離恋愛で彼女に会いにきたのねぇ。


などなど、まぁ普通に聞いている分にはけっこうおもしろい。
が、なにせ彼女の声は爆音。片頭痛もちの私にとって、後頭部からは
ラジオの大音量、前面からは姑の実況中継という状況は、片頭痛を
引き起こすにはもってこいばっちこーいの舞台なのである。

姑以外の誰もがうんざりする6時間の旅も終盤、そろそろ家に
着くかいな~とほっと胸をなで下ろす一同。頼むから早く降ろして。

そんな車中で突如、最近定年退職した舅への愚痴が、隣に座る
姑の口から発せられた。なぜここで?なぜこの狭い車中で?

お父さんは最近お酒を飲むと
声が大きくなるのよねぇ~


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いやいや!
一瞬の間を置いてから、家族総動員のつっこみ。

その時、3人の心は一つだったに違いない。
いやいや、あんたには負けまっせ・・・。

そして連休最終日の今日、朝から熱が上がっているのは
大久保家新参者の私だけである。早く慣れなければ・・・。
  22:46 | Trackback:1 | Comment:4 | Top

くちぐせ。

たろ吉はテキトーと言う言葉が服を着て歩いているような男である。
それも適当などと漢字を使うのももったいないテキトーさ。

家で部屋着に着替えた際、Tシャツやスウェットの裾が胸の下
あたりでくるくる丸まっていても、まったく気にしない。
そのまま朝まで普通に過ごしている。パンツもしかり。

朝起きて、その素直すぎる直毛が右へ左へ跳んではねていたって
なんのその。電車通勤しようが会社で会議があろうがそのまま行く。

夜中に目が覚めて、パッと視界に入ったテーブルが斜めになっていると
何時であろうと起き出し、まっすぐ直し拭き掃除までおっぱじめてしまう
私からすればたろ吉の感覚が信じられなかった。(今となっては過去形)

あんたそれ平気なん?と何度聞いただろうか。
その度にたろ吉から発せられる、これまた理解しがたい言葉。

ええねん、パンクやから


返す言葉もなし。
だいたいパンクってなに?
音楽の種類じゃないの?
君がパンクなの?
こんな疑問をたろ吉に投げたところで、まともな答えが返ってくるわけもなく。

Googleでパンクを検索してみた。
音楽のジャンル、ファッション、スタイルに囚われず、反社会的な
姿勢そのものを総称してパンクと呼ぶ場合もある。


反社会的な姿勢…たろ吉が?
きっちり選挙とか行くのに?
飼ってる金魚が死んだとき号泣しながら埋めてたのに?

どうやら奴はパンクとさえ付ければかっこいいとでも思っているようだ。

たろ吉と出会って6年?か5年、きっちり神経質な性格だった私も
今ではボサボサ頭のまま会社へ行き、旦那と出会って何年かさえ
いまいち覚えてないというテキトーぶり。すっかりパンクである。

便利なことばだな、パンクって。

玉様の写真が携帯にたまっているのですが、変えたばかりの携帯に
 ついていけず、記事にできておりませぬ。これもパンクがゆえ…。
 玉様の安否を気遣ってくれている方(いるのだろうか)玉はすこぶる
 元気です。そして相変わらずの女王っぷりです。

  21:59 | Trackback:1 | Comment:6 | Top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。